Research-Introduction


近藤研究室の研究内容

電力制御研究室では,半導体素子(IGBT,MOS-FET)を用いた電力の制御技術に関する研究をしており,合言葉は「電力制御の無駄を省く!」です。
電力変換器の応用例として、電気回転機の制御やモーションコントロールに関する研究も行っています。 本研究室では、制御理論の検討、制御方法の立案、制御回路の考案、シミュレーション、実験、検討までを一貫して行います。

(クリックすると詳細情報へ!)

----------------------------------------------------------------

電力変換器

----------------------------------------------------------------

モータドライブ

----------------------------------------------------------------

近藤研究室の特別設備

・環境電源装置(3相6kVA, 20kHz)
・高精度ディジタルオシロ(16bit, 10MS/s)
・2相任意波形発振器(15MHz)
・LCRメータ(1mHz-100kHz)
ページのトップに戻る